軽キャンで、写真撮影、ご当地酒肴

軽キャンピングカーで各地、撮影旅行、温泉、地酒と肴

ソーラー蓄電 軽キャンピングカーのカメラと温泉の一人旅


わいわい写真クラブ所属
http:// www.wai-wai.org/
フェイスブック
http://www.facebook.com/norikazu.senoo

年末(12月28日)撮影奮闘記

12月28日4時起床、串本の橋杭岩道の駅です、歯磨きトイレ済ませて、古座迄10分です。撮影場所にはカメラマンがきてい居ました、このタイ島は魚のタイの形に似ています背ビレや尾びれが有り頭には目ん玉の穴が開いています、時間が有るので、熱い珈琲を
いれ、すすりながら撮影準備を。ホッカイロ、長靴、防寒着、カメラ機材です。5時半ごろ星と岩をコラボ撮影、長時間シャッター撮影です、ピントをどこに合わせるかが問題です、星か岩(風景)
すべてマニュアルです、1枚撮るのに2分以上かかります。
そうこうしてるうちに少し明るんできました、東の空が群青色に水平線とコラボです。6:30には東の空が暗い朱色に5分後には白い朱色になり長時間シャッター撮影?短時間シャッター撮影
に替えます。又フィルターを付け手振れ自動に替え各数値を確認で忙しいときです、日の出1分前緊張の時です。出ました少し,
でも雲が太陽がタイ島の目ん玉に入るように国道を西に走りました、今度は、背ビレに太陽が上がるように、場所を変えます、1分以内に替えないと太陽は待ってくれません、
撮れたら、古座川大橋迄1㎞へ徒歩で行きケアラシの撮影です、橋とのコラボや漁船とのコラボです。陽が、上がって朝焼けになりましたが、1分ぐらいでした、撮り終えたら7:50分でした、
橋杭岩に帰り朝食ですが、写真クラブの一行にお会いして、一緒に朝食を取りました、朝食後お別れして、釣りに行き昨晩入れたモンドリ網を上げに行きカニを4匹ゲット、釣りで10匹ほどゲット
でも捌き中に、背ビレで指を刺されて腫れあがりました。橋杭岩に帰りガンガラを獲り湯がき、魚を煮つけ今日の食事はできました。昼頃から温泉サンゴの湯に行きました¥410です、安い、、、、潮岬の駐車場で(無料)一杯ヤリ、昼寝して4時頃から夕陽を狙いましたが、雲が有りだめでした。3日間すべてダメでした。
橋杭岩に帰り夕食ですが、立ち飲みに行き、地元の珍味を食しました。車内に帰り魚で呑んで、8:00におやすみなさいです。


橋杭岩の月と星とコラボ

ピンクのケアラシ

漁師町の珍味 シビワタ びんちょう鮪の腸です。¥400高低差40mの道、幅2.5mをスイッチバックしながら降りました。

最南端の浜辺です。潮の岬灯台が大きく見えます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。